6日目:動く壁紙


情報理工学部2回生のさだです。

Wallpaper Engineって知ってますか?1月ごろに流行ったデスクトップの壁紙を動画やUnityのコンテンツなどにすることができるソフトです。

400円くらいします。http://store.steampowered.com/app/431960/Wallpaper_Engine/

これのコンテンツの自作をUnityでしたいと思います。

手順1 とりあえずUnityでつくる

 

 

 

 

 

このようにとりあえず作ります。

Unityなのでマウスに追尾でエフェクトをつけてもよし、ゲームを作ってもよしとにかく作ってみましょう。画像の例は壁紙に日付と時間を表示するだけのプログラムをつけた場合です。

Wallpaper Engineではキーボードの入力は受け付けないのでそこを考えながら作ってみましょう。

 手順2出力する

出来上がったら.exeに出力します。普通に出力すれば良いのですが注意としては×86で出力します。

 

 

 

 

 

 

 

手順3Wallpaper Engineに適用する

 

 

 

 

 

 

起動したあとエディタをクリックしてそのご新規アプリケーション壁紙>インポートフォルダをクリックし先程.exeを出力したフォルダを選択、任意のプロジェクト名を設定後OKをクリックします。

 

 

 

 

 

するとこうなるので


 

 

 

 

 

ファイルからセーブします。

そしてエディタを閉じて左下のファイルから開くをクリック多分この画面が出ると思うので

 

 

 

 

 

myprojectsの中にさっき作ったプロジェクトがあるのでその中の.jsonファイルを開くと一覧に追加されるのでそれをクリックすると出来上がりです。

 

カテゴリー: 2017年度, アドベントカレンダー パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です